コーチングという仕事

しばらくブログから遠ざかっていましたが、コーチングセッションは仕事として続けています。

自分の可能性を自分でブロックしてしまうのはどうしてなのでしょうか。
コーチングはそれを探求する作業なのかもしれません。
コーチングのクライアントさんは、社労士顧問先の経営者、友人などに始まり、SNSから興味を持っていただいた方々、そしてこのタイムチケットからたどり着いて下さった方々などです。

私自身も定期的にコーチをつけており、クライアント体験をすることでコーチングの魅力を再確認しています。
ランチでよくお世話になっているいきなりステーキでは、遂に食べた量が通算100kgを超え、ダイヤモンド会員として登録される栄誉を得ました✨

改めて、継続は力なり、という言葉を思い出しました。


特定社労士の行うコーチング Labor Attorney's Log

特定社会保険労務士/行政書士/コーチング/中村琢也の業務ノート

0コメント

  • 1000 / 1000